オンライン申請

2008年3月 2日 (日)

確定申告

昨年分の確定申告が終了した。
帳簿自体は1月の終わりには入力が終わっていたので、
今回行ったのは申告書の作成と申告のみ。

申告書の作成は国税庁のHPで行った。
このHPからの作成は年々使いやすくなっている気がするくらい
簡単に終了した。

当初より予想されていたことだが、ここからが問題だった。
JAVAのバージョンである。法務省のオンラインシステムは1.4.2.16が推奨であり
e-taxはというともっと上のバージョンではないと駄目なのだ。

取り敢えず1.6を削除して、e-taxのHPから推奨のjavaのダウンロードページに
入ってダウンロードインストール、
そしてe-taxのソフトから電子署名。。。できないのである。

いろいろといじってみたがどうやらJPKI(住基ネット)のソフトが何かおかしそうだ。
結局JPKIのソフトをアップグレードして事なきを得たが、
年1回の申告のために大変な思いを。。。

JAVAのバージョンを戻したが、きちんと法務省のオンライン申請ができるのであろうか?
できることを祈るのみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月23日 (水)

オンライン申請~別送方式(4)

やっと、先日申請したオンライン申請が終わった。

結論,補正のある申請をすると厄介だ。
というか、書面申請では絶対問題にならないような部分でも補正を求められた。
何か違わなくないのか?

そして、申請した支局に関して言えば補正をしても直ぐに処理されない。
これじゃー、時間がかかりすぎてオンラインで申請する意味なし。

国の施策と末端の局に大きな考えの差がある???
この状態は、商業のオンラインが本格的に各庁で始まったころと同じ。
しばらくすれば何とかなるだろう。
それまでしばらく我慢、いや、オンライン申請は最低限しかしない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月17日 (木)

オンライン申請~別送方式(2)

昨日、火曜日にオンライン申請した申請の添付書類を法務局に提出してきた。

今日は、その申請の件で法務局と電話でやり取り(四ツ谷からの行き帰りの電車の中で)。

自分は申請後直ぐに気づいて法務局には連絡していた、
登記識別情報を窓口交付する旨を記載していなかった件について、
それをどうするのかということだ。

結局は、補正できることになったが、そのやり取りはお互い勉強不足な感じだった。

もう一つ今日、不満だったのは、無理して四ツ谷まで行った研修。
何だあれは、事前に司法書士向けのHPに公開されているマニュアルを紹介した
だけジャン。もう読んで申請してみたって。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月15日 (火)

オンライン申請~別送方式(1)

今日から、特例のオンライン申請が始まった。

今までの、全ての書類を電磁的記録で作成する申請方式の特例として
一部の添付書類については別送を認めることになった。

そして、1月1日から既に、保存・移転・設定についてはオンライン申請で
申請すると登録免許税がお安くなるキャンペーン(減税措置)が始まっている。

そのため、今オンライン申請が旬なのだ。

結局のところ金曜日の夜に通達(詳しい手続の仕方)が出て、
あっという間に初日を迎えた。

近々、とある支部でオンライン申請に関する研修会を行うことになっているので
手元にあった事件について申請してみた。

保存・移転・設定が絡まない登記だったので減税措置がないはずなのに、
法務局から登録免許税が間違っているというご指摘の電話が。
説明をして了解してもらったが、登記の完了まで先が思いやられる。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月19日 (木)

電子定款(最終回)

昨日、受領してきた電子定款の原本を確認してみた。

今までと異なり法務省のオンライン申請のHPのアクセスすれば
簡単に内容を見ることができる。

いろいろといじってみたが、きちんと検証できる模様。

後は、5/1に申請(これもオンラインね)するのみ。

なにやら、紙ベースのものを付けてくれという話があるようだか、

原本還付がめんどくさいから電子定款を添付して申請予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月18日 (水)

電子定款-受領

今日、電子定款の受領に行って来た。

初めてということで、わいわいと何人かで手続をしていたが、
手続自体は標準的な時間で終了。

手続の間、公証人の方と何点か雑談。

一点目は、株式の譲渡制限に関する規定について。
この点は自分の勉強いや認識不足を痛感。

二点目は、電子定款の受領の件。本職以外の受領はできないので。。。
従前はどんな感じてあったかを聞かれた。

補助者の受領については、改善が必要なのかもしれない。
識別情報と同様に業務指示書+補助者証の受領を認めてもいいのでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月16日 (月)

電子定款~その後

午前中に電子定款の認証の申請を行った。

午後には電話でデーターが届いている旨の連絡が公証役場からあった。

4月に指定公証人が初めて指定された都内の公証役場で頼んだのだが、

先生が第一号なので受領時に時間がかかるかも、と言われた。

あれ~、もう2週間以上たっているのになぜ一号???

電子申請なんてこんなものか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電子定款

4/1から電子定款の認証方法が変わった。

あのログインできない法務省の汎用システムにログインしてオンラインにより申請する方法になった。もっとも、認証を受けたデーターは公証役場まで取りに行かなければ行けないのですが。

そして、今日はじめてやってみた。

1回目はアクセスが集中しているため……でログインできなかったが、
2回目に奇跡的にログインし申請を行った。

前回の成年後見の登記簿謄本の申請とは違い、申請書の画面を何回かクリックするだけで申請書の作成はできたので思っていたより短時間で進み、何のトラブルもなく申請データの送信は完了。

後は、審査の完了を待つのみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 4日 (水)

今日の法務省オンライン申請

●8時35分:ログインできず。
 昨日のメンテナンスの成果かエラー画面に改善が。。。

 ただいま法務省オンライン申請システムへのアクセスが集中しており、
 つながりにくい状態となっています。
 恐れ入りますが、数分後に再度アクセスされるようお願いいたします。

 昨日のメンテナンスの成果はエラー画面の改善だけなんて事は???

●10時15分:やっぱりログインできず
 メッセージどおり数分後に再度アクセスしてもつながらず。

●10時50分:ログインできました
 申請を終了するまで20分程度を要す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)