« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月29日 (月)

役員変更

商業登記の申請の中で、よく聞かれることがあります。
それは、いつまでにやればいいのですか、ということです。

法律上は、登記原因が発生してから14日以内に登記をしなくてはならない。
今日行ったお客様のところは、先日社長が亡くなったばかり。
では、14日以内に登記できるかというと現実的ではない。

そのあたりは、法務局等も分かっているらしい。
14日を経過すると過料の制裁の対象になるが、
数日、いや数カ月(?)過ぎても過料の制裁の対象にはなっていないらしい。

まー、もっとも10年以上放置とかではさすがに過料の対象となる。
その金額は、裁判所の審判なので分からないが、
先日のお客様のケース(10年以上の放置)では9万円であったと聞いている。

いずれにしてもも登記の事由が発生したら登記の申請を行ってほしい。
なんせ、14日を経過すると法律違反の状態ですのでね。

|

2009年6月26日 (金)

多重債務対策協議会

本日は午後から多重債務対策協議会へ。

主な議題は、10月の多重債務キャラパンと
今回からオブザーブ参加する貸金業協会からの協会についての説明。

協会に対して弁護士さんから突っ込んだ質問に、
協会にも協会としての立場もあるしなぁと思いつつ、
回答をお聞きした。

多重債務問題の解決がなんなのかは私自身には答えがないが、
様々の立場の人が、それぞれの立場で携わって行く
それしかないのかなぁと思っている。

絶対やってはいけないことは、後戻りをすることと退場をすることだ。

|

2009年6月25日 (木)

故障中

最近、体調がすぐれない。
先週のハードなスケジュールと飲みすぎが効いているらしい。

本日は気分転換にと思い、いつものガソリンスタンドに洗車へ。
洗車機の前にカラーコーンが。。。故障中だってよ。
いつまでには直るとも書いていないし最悪。

|

2009年6月24日 (水)

説明

本日はリーガル経由で地域包括支援センターから依頼された件で
後見制度のご説明に他の司法書士と二人でいってきた。

思っていた通り、一緒に行った司法書士主導で説明が進んでいった。
まー楽なんでいいんですけれど、
もう少し本人のお話をうかがう時間があればと思った。

やっぱり、いくら認知庄の症状が進んでいるとはいえ、
本人も難しい事になっている事は認識されていることだし、
本人からお話を聞くのは大事だと思う。

今後、後見の申立て手続きを行っていくわけであるが
このあたりが課題になりそう。

|

2009年6月23日 (火)

窓口交付

とうとう、埼玉でもオンライン申請の謄本の窓口交付が始まった。

先日使ってみたが、これは結構使い勝手が良いかもしれない。
何がって、事前に申請しておくので、法務局で謄本を準備しておいてくれるのだ。
結構時間の節約になるかもしれない。

でも、よーく考えてみると、申請書作成+申請+納付の時間を考えると
余計に時間がかかっている感じもする。

後は、減税分の300円をどうするかだ。
ケースによってどちらになるのか分からないので考え物だ。。。。

|

2009年6月22日 (月)

打ち合わせ

週末は千葉で全青司の役員会議。
無事に埼玉でやる全国大会の日程と場所が承認されたので
今日は、その関係先にあいさつ回りに行ってきた。

なんせ1年半先なので、その反応はいまひとつ。

役員会議でも内容について今協議しなくてもとも言われたが、
後援をとる予定の団体の予算どりの関係もあるのしで、
年内にはほぼ決まっていなくては拙い状況。

できることは早くやっておくこれが当面の方針。

|

2009年6月19日 (金)

遺留分の特則

本日は、経営承継円滑化法の研修会へ。

中小企業が事業承継を行う上で問題となるのが、
オーナー経営者が保有している株券等の資産の承継だ。

優良な企業になればなるほど株券の評価が上がる。
また、多くの場合会社が使用している不動産をオーナー個人の名義で
保有している場合が多い。

それらの財産を事業承継者に承継していく際に問題となるのが遺留分です。
遺留分とは、一定の相続人が相続できる財産を一定の割合で主張できる制度です。

被相続人の財産の半分以上が自社株券等である場合、
事業を承継する者が株券等の全てを取得してしまうと、
遺留分を主張される恐れが出てくる。

その分のお金を支払うか、その分の株券を渡すことになる。
そうなると、思い通りにならない事になりかねない。

|

2009年6月18日 (木)

公益社団法人

本日は、水上から帰ってきて若干仕事をした後、公益社団法人の勉強会へ。

現在、100年に一度の不況といわれているが、
公益法人制度も100年に一度の変革期に来ている。
公益性を重視する公益社団か、同窓会とかでも作れる一般社団か、
今までの社団法人は選択を迫られている。

公益社団の規定は、従前の社団法人の規定を法律化したものという点には
納得した。後は、その法律を運用する側(公益認定する委員会)がどのような
判断をするのか、その点が明確になってくれば、従前の社団法人も
いずれに進むのか選択しやすくなっていくのではなかろうか。

|

2009年6月17日 (水)

旅行

JCの研修旅行のため水上の地へ

途中、先発隊がプロジェクターりスクリーンを忘れたというアクシデントのため
高速のインターを目の前にして引き返して取りに戻るというトラブルがあったが、
他は別段のトラブルなく終了。

研修の部で講師のような事をしたが、見事に噛み噛み。
やっぱり、当日、流れを見るリハ一回しただけでは、無理か~。

|

2009年6月16日 (火)

引き継ぎ2

先日の消費者問題委員会に続き、もう一つの担当の特別研修支援チームの引き継ぎのため浦和へ。

引き継ぎ自体は、大体のスケジューリングと予算の件で終了。
後は、残務の部分の会場選定のお話合い。
事務局が事前に調べておいてくれた物をベースに協議をして、
大体の方向性を決めて終了。

会場が決まったということで、本年度の特別研修支援チームの仕事は半分終了かなぁ。。。

|

2009年6月15日 (月)

株主総会の招集手続きと登記申請

本日は、夕方から川越のクラッセでタイトルの研修会に出席した。

出かける際にバタバタしていたことと、
落雷を伴った大雨のため若干遅刻してしまった。

内容はというと、期待していた内容であるようでないようで、、、
得られたこともなくはなかったのでよしとしよう。

でも、後半の、試験の問題のような商業登記の
書式のお話にはあきれてしまったが。。。

|

2009年6月12日 (金)

消費者行政充実埼玉会議

本日は消費者行政充実埼玉会議へ。

浦和駅前のコムナーレでの開催でしたので
珍しく電車で行きました。

初めての参加でしたので、少し早めに行きましたが、
次回からはぎりぎりでも大丈夫だということが分かりましたので
結構ぎりぎりまで仕事ができそう。

会議の内容はというと、
消費者庁、消費者委員会の設置に伴う地方行政への働きかけについてです。
消費者庁ができることはなんとなく知っていたし、、
詳しい組織等知ったのは今日が初めて。
しばらくは、ついていくのが精いっぱいという感じ。

|

2009年6月11日 (木)

引き継ぎ

司法書士会の消費者問題委員会の引き継ぎへ。

私も前期は委員をやっていたので
なんとなくは雰囲気は分かっていた。
やはり、結構しんどい委員会のようだ。

でも、やるべきことはやっていかなければいけない。
そして、変えるべきところは変えていかなければいけない。
時代の変化について行かなくはいけないのだ。

|

2009年6月10日 (水)

労働トラブル110番

全青司の労働トラブル110番のため浦和の会館へ。

午前中に東京の事務局に電話が集中しているとの情報を
得ていたので戦々恐々として行った訳であるが、
15時~21時の6時間で私が受けた電話は2件だけ。
結構拍子抜け。

でも、東京では180件近くの相談があったらしい。
今回は一元的な広報の方法であったが、
地元での広報も必要だったのではなかろうか。

|

2009年6月 9日 (火)

ログイン方法変更

かねてよりの予告どおり、今日からココログのログイン方法が変更になった。
@niftyによれば、複数のIDの管理の煩雑性をなくすためと言っているが、
課金ができるIDだけに今後どのように変わっていくか注目。

|

2009年6月 8日 (月)

貧困問題研修会

昨日は、埼玉司法書士会と埼玉青年司法書士協議会との共催による
貧困問題研修会で湯浅誠氏の講演を聞いてきた。

湯浅誠氏、そう、あの派遣村の村長です。

内容はというと、現状の問題点と氏の解決へ向けてのスタンスのお話。
法律専門職に期待することとして、生活保護の同行支援という現在
行っていることはもちろんだか、派遣切り等で発生している問題である
住む場所確保などといった事への対応も、というお話があった。

少し前までは、貧困問題=多重債務といった感じがあったが、
派遣切り等が問題になってきた以降、若干問題の潮目が
変わってきているのではないかと感じている。

|

2009年6月 6日 (土)

長野へ

JCのアジア太平洋地域の会議(ASPAC)が長野で開催されている。
そのため、私が出向している関東地区の委員会も長野で開催された。
ということで、長野へ日帰りで行ってきた。

そう、ETC割引の休日割引の恩恵を受けるのは、初めてであった。
当然のことであるが、1,000円であった。
平日であれば3,000円超であるから、往復で5,000円程度の節約に。

これなら、休日にあちこちいけると書きたいところだが現実には。。。。
私のところから東京へ向けての路線は対象外。
土日であっても結構利用する可能性があるのになぁ。

|

2009年6月 5日 (金)

家計簿

必要書類がそろったので、破産の申し立てをすべく書類をチェック。

破産の申し立てには2カ月分の家計簿が必要であるが
依頼者に付けてもらった家計簿がまだまとめていなかったので、
毎日の支出を項目ごとを合計して月別のトータルの金額を出す、
家計簿をまとめる作業に。

3人家族なのにずいぶんと水道代・ガス代が多いなぁなど
と思いつつ、1ヶ月目を作成終了。

で、2ヶ月目を作成し始めたら、「食費」がおかしいのである。
前月の半額くらいしたトータルの金額がないのである。

理由があればこれでも出せるが、依頼人の話を思い出しても
そんな理由はなさそう。このまま出すと、申立書全体の信用性が無くなってしまう。

結局、2カ月分やり直しをさせることに。
20日ごとにこまめに提出させ、チェックをする方式をとることに。
1度やり直しをさせたのになぁ、結局またかいなぁ。

|

2009年6月 4日 (木)

青司協幹事会

本日は、自分が副幹事長をやっている団体の幹事会へ。

案件は様々あるが、自分は担当している全国大会の件を上程。
会場等の分かりやすい部分であると意見は出るのであるが、
内容になると途端に意見が出なくなる。困ったものだ。

全国大会の件は、上の団体である全青司の役員会議に上げなくてはいけないが、
今回提出したものを修正することなく提出することになりそう。
それでいいのかなぁ。

|

2009年6月 3日 (水)

第2回理事会

昨日は、司法書士会の第2回理事会。
第2回理事会といっても、第1回は総会の後に20分程度の開催であったので、
今回が実質的な1回目の理事会といっても過言ではない。

今回のポイントは担当割。
いろいろな駆け引き?があり決まって行ったが、
私はというと、特別研修と消費者問題の担当となった。

本日、さっそくとある件で事務局より指示を求めるメールが。
まだ、引き継ぎも終わっていないのに。。。。

|

2009年6月 2日 (火)

調停

本日は、訴え提起をした案件が2回の期日を経て、
調停に付された件の第一回調停期日。

2回目の口頭弁論期日での司法委員を交えての話で
ある程度の方向性が出ていたので総支払金額と
分割方法をどうするのかという話し合い。

ほぼ、こちらの予定していたラインで合意し調停成立。

調停は相手方が合意をしなければ成立しないので
合意ラインを提示するのはなかなか難しいが、
なんとなくコツがあり、そのツボさえ押さえれば
合意が可能な案件であれば、合意ができる感じがする。

ただ、調停の場合、本人が同席することも多いので、
事前に本人との打ち合わせは大切。

|

2009年6月 1日 (月)

本日から6月

本日から6月。世の中的にいえば衣替え。
そしてクールビズの季節。

私的にいえば、住民税と国保税の請求が来るなぁという憂鬱な季節。

もっと憂鬱なのはいつまでたっても進まない破産申し立て。
今日も面談の予定であったが、書類がそろわないために延期に。
あとは通帳の写しを付けて出すだけなのに。その写しが。。。。

まー、ないものはしょうがないのでという、ほとんどあきらめモード。

|

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »