« 10月になりました | トップページ | 法テラス本格始動 »

2006年10月 2日 (月)

代理母

アメリカ人の女性に代理出産してもらった場合に、依頼した夫婦が提出した出生届けが不受理になったケースについて、法制定時には予想されなかったケースであり、代理母契約は法律上明らかに禁止されるべきものではないし、代理妊娠を否定する社会通念が成立しているとはいえないとして、東京高裁は受理すべきと命じた。

今回のケースは卵子は出生届をした母親のものであり、血縁関係はある。契約という側面のみではなく、事実の側面を照らしてみれば妥当な判断なのかもしれない。もっとも、代理母親契約が社会的に是認できるというと、そこまで社会がついていっていないように思えるが。

|

« 10月になりました | トップページ | 法テラス本格始動 »

法律」カテゴリの記事

コメント

InfoC管理者といいます。はじめまして。代理母に関する話題に関して書いていらっしゃるので、コメントを送りました。私、ナノピコ放送局(http://www.infococktail.co.jp/pickup/contents.cgi?topic_id=9)というサイトを運営してまして、代理母の問題を含め様々なテーマに関して、トラックバックを用いて皆様の意見を集めています。ブログ読者を増やすのにもお役に立てると思います。トラックバックしてみませんか?代理母以外でも興味があるテーマがありましたらブログ記事のトラックバックを送って下さるとありがたいです。解説はhttp://www.infococktail.co.jp/index7.htmlにあります。勝手なコメントを送り申し訳ありません。ただブロガーの皆様のお役に立てるサイトになるのではと考えています。よろしくお願いします。

投稿: InfoC管理者 | 2006年10月20日 (金) 04時28分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 代理母:

« 10月になりました | トップページ | 法テラス本格始動 »