« 一票の格差 | トップページ | 相続登記は忘れずに »

2006年10月 6日 (金)

農地法

仕事をやっていると農地法とその周辺に関わる法律に絡む問題に遭遇することが多い。

市街化区域の農地であれば比較的簡単に移転もできるし、農地以外への転用も可能だ。しかし、市街化調整区域では、国は、農地を農地として守っていく建前で法律を定めているので、そうは簡単にいかない。そうするどうかるのか?自分の持っている土地だと、法律上許可が必要なのだけど、そんなこと知らない人もいるから、許可を取らずに転用しちゃうということに。でも、そうすると後々面倒なことに。まー、問題が顕在化するのは、相続のときか他の土地を転用するときなのですけどね。まー、そうなったら理由書とかつけて許可を取るのだけど、相続後なんかだと、当事者が生きていないから理由なんて分からない、「???」状態だから大変なことに。。。

|

« 一票の格差 | トップページ | 相続登記は忘れずに »

法律」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 農地法:

« 一票の格差 | トップページ | 相続登記は忘れずに »