« 法テラス本格始動 | トップページ | 一票の格差 »

2006年10月 4日 (水)

取材の自由

取材源の秘密は、取材の自由を確保するために必要なものとして重要な社会的価値を持つとして、最高裁はHNK記者の証言拒否を認める決定をした。

取材源の秘密に関しては、国家機密が漏洩した場合にはどうする?という議論がある。しかし、報道の自由は、国民が国政に関与するにつき,重要な判断の資料を提供し,国民の知る権利に奉仕するものである。つまり、国家の行為を監視するそ側面を有している。そのため、取材源の秘密は軽々しく破るわけにはいかない。もっとも、何が何でも取材源の秘密で守られるわけでもないはずである。取材源の公表に関して一定のルールが必要かもとは思う。

|

« 法テラス本格始動 | トップページ | 一票の格差 »

法律」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 取材の自由:

« 法テラス本格始動 | トップページ | 一票の格差 »