« 農地法 | トップページ | 深谷市ば第5位だそうです »

2006年10月11日 (水)

相続登記は忘れずに

「相続登記は忘れずに」って何か司法書士会のキャンペーンのタイトルのような感じだが、相続登記はなるべく早い時期にやっておいたほうがいい。確かに、相続登記をしなくてもそのまま住んでいる上では支障はない。そのため、やらなくてもいいと言われる方もいるようだ。現実に、打ち合わせをした後で、本籍地の親戚に戸籍の取得を依頼したら、そう言われたのでってキャンセルされたことがある。しかし、住民票の除票など閉鎖から5年たつと取れなくなってしまう書類がある。そして、最大のトラブル要因は、時がたつと相続人に相続が発生してしまい、相続人が増えてしまい、付き合いのない方が相続人にいるようになることだ。そうなると、もう当事者の話し合いでは解決しないこともある。昨日訪問したお宅もそのような状態に。その様な場合は、調停や裁判で手続するしかなくなる。だから、「相続登記は忘れずに+お早く」なのだ。

|

« 農地法 | トップページ | 深谷市ば第5位だそうです »

不動産登記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相続登記は忘れずに:

« 農地法 | トップページ | 深谷市ば第5位だそうです »