« 帯を買って結婚? | トップページ | 専門家の責任 »

2006年3月27日 (月)

専門家の倫理

昨日から、安楽死について新聞やTVで騒がれている。今回、どのような理由であるかは不明であるが、医師が延命治療を止めその結果として患者を死に至らしめたということである。安楽死(尊厳死)について、賛否両論あるところである。そして、わが国の法制度では認められていないのである。賛否両論のある現状の中で、今回の医師がその賛成派であったとしても、その行為は正当化されるわけではないと考える。なぜなら、医師という専門家として、人の死の引き金を引くような行為は倫理的に許されるはずがないからである。私も、分野は違うとはいえ専門家である。自分の考えとは別に常に専門家の倫理については留意している。なぜなら、それが法により資格を与えられた使命だからである。

|

« 帯を買って結婚? | トップページ | 専門家の責任 »

雑感」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 専門家の倫理:

» 安楽死ではない可能性が。安楽死の正当性を欠く意思表現の無さ。 [「思弁でしかない」ブログ。]
本人が意思を残すことが無いのは、死に対する恐怖から死に関係するものすべてを認めず、関係のひとつである安楽死も含め隠避するのか、安楽死への疑いから安楽死を認めることになる行為を拒否するものか、単に死に対する価値観が定まっていないか。... [続きを読む]

受信: 2006年3月27日 (月) 18時38分

« 帯を買って結婚? | トップページ | 専門家の責任 »