« 専門家の倫理 | トップページ | 胎児は子? »

2006年3月28日 (火)

専門家の責任

.昨日の専門家の倫理に引続き、今日は専門家の責任について取り上げてみたいと思う。東京高等裁判所でオウム真理教の教祖の控訴棄却の決定があった。今回の棄却は事情が(主張か)どうであれ、弁護士が期日までに控訴趣旨書を提出しなかったから起った事態。法が求めている控訴趣旨書を、裁判所の訴訟指揮が自分たちの主張と異なるからといって、提出を遅延させるのはいかがなものか?世間から注目されていない裁判であったら、もっと早く棄却されていたに違いない。もっとも問題なのは、棄却をされたことで、控訴審の審理が行われず、被告人が有していた権利を損なったことではないだろうか。弁護士が、法が求めている期日内に書類を提出することは、専門家として当たり前のことであり、専門家の責任といっても過言ではないのだろうか。

|

« 専門家の倫理 | トップページ | 胎児は子? »

雑感」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 専門家の責任:

« 専門家の倫理 | トップページ | 胎児は子? »