« 起業するということ | トップページ | 簡裁訴訟 »

2006年1月23日 (月)

筆界特定制度

不動産登記法が改正され、1月20日より筆界特定制度が始まった。筆界特定制度とは、隣接する二つの土地の現地の置ける位置を特定する制度である。特定するのは法務局の専門の登記官ということになる。既存の裁判による解決制度と並存的に利用できる制度であるが、訴訟で決まったことは覆せないものである(逆は可能)。利用できる場合としては、マンションの底地等所有者が多い場合や訴訟にいたるほどの紛争性はないが第三者に決めてもらいたい場合などである。相隣関係の争いの迅速な解決手段になってくれればいいのだか。

|

« 起業するということ | トップページ | 簡裁訴訟 »

不動産登記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 筆界特定制度:

« 起業するということ | トップページ | 簡裁訴訟 »