« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

2005年11月18日 (金)

生命保険の売買

東京地方裁判所が、生命保険契約の売買について、人の生命の売買に等しいとして認められない旨の判決があったとのこと。

生命保険は死亡保険であれば被保険者が死亡しない限り給付されないのが一般的だ。ただ、リビングニーズ特約を付加していれば余命六ヶ月と診断された場合には生前でも死亡保険金の給付を受けれる。

しかし、リビングニーズ特約+余命六ヶ月の条件が揃わない限り生前に死亡保険金の給付を受けることはできない。それ以外の場合でも保険を現金化する方法として考えられたのが、今回の判決となった生命保険契約の売買である。

確かに、生保の売買ができたら経済的に貧窮している人を助けることになるのかもしれない。しかし、私は今回の判決同様、人の命を売買しているかのような生保の売買は経済行為になじまないと思っているので、生保の売買は認められるべきではないと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月17日 (木)

消費者教育

今日、司法書士会の行事の一環として地元の高校で消費者講座の講師をやってきました。
内容は、以下のようなことをお話してきました。

  1. 契約の基礎知識とクーリングオフについて
  2. 消費者金融やクレジットカードでお金を借りると?
  3. 悪質商法の手口のご紹介(一例)

45分と短い時間でしたので、話さなければならないことはいっぱいあったのですが、ほんのさわりの部分だけしかお話できませんでした。聞いている高校生は、クレジットを使った高額な契約の話になどは、あまりその金額についてピンときていないようでした。ピンとこないままでいると、知らず知らずうちに高額な契約や消費者金融からの借り入れが増えてしまうことにならないのか不安に思う。お金に関する教育は早いうちからやっておくことが必要だと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 4日 (金)

事業主向けの訪問販売

最近、事業主向けの悪質な訪問販売が増え問題になっているという。
IP電話やADSLといった、ネット関連の商品をあまり知識のない高齢者層をターゲットに
売り込んでいるという。

事業者向けの訪問販売がなぜ問題となるのかというと、事業者には、消費者契約法や
特定商取引法といった消費者保護法令が適用されず、クーリングオフ制度の適用がなく、解約しずらいからである。

しかし、事業主だからといって一律に消費者契約法等の消費者を保護する法律が
適用されないわけではない。事業とは関係ない商品を購入した場合には、事業主
として購入した商品ではなく、一般消費者として購入したものと判断できる場合が
あるからである。また、消費者保護法令によって保護できない場合でも、その販売
方法が嘘や勘違いを引き起こされる手法であった場合には、民法により保護され
契約の取消や無効を主張できる場合もあるので、消費者センター等に相談して
みるのがよいだろう。法律に保護されないから、という点に着目して販売する業者が
許されることはないのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 3日 (木)

生活保護

昨日は、夕方から生活保護の研修会だった。
そして今日は、その研修会で購入した生活保護についての本を読んですごした。

そもそも、生活保護とは、憲法上認められている「最低限度の生活」を保障するための
制度である。しかし、通達により規制行政(給付を抑制)をしているため、
本来、法の要件を充足して給付を受けれるはずの人が、窓口に相談に行った段階で、
生活保護の申請を断念させれている現状があるという。

こういった方の相談も受けれればいいのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 1日 (火)

東証システムトラブル

今日から11月。今月は平日は毎日UPしようと思います。
もっとも、先月もそう思っていたのですけどね。。。

ところで、今日は午前中に東証でシステムトラブルが発生したため、株式の売買等が
できなくなってしまう事態に。トラブルから復旧して午後1時30分から取引が再開され、
結局前日より日経225はあげて取引が終了した。うーむ、トラブ復旧後にあがるとは思わなかった。
今、それだけ株に需要があるということなのだろう。

もっとも不動産の需要ついて言えば、東京では不動産バブルが再燃しているなんて話も聞く。
確かに、東京を中心として都市部にはあれだけマンション建っていますからね。
その代わり、東京近郊では、それほど不動産が動いていないという現状もあるのですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »