« 成年後見制度 | トップページ | 介護タクシー(再び) »

2005年10月12日 (水)

産業廃棄物処理業

今日は浦和で産廃の許認可の研修会だった。

産廃の不法投棄が絶えない。
その原因のひとつに産業廃棄物処分業の許可の取り難さに起因するものがあることは紛れもない事実である。しかし、産業廃棄物処分業(埋め立てのことです)は周辺に与える影響が大きい。環境への影響もあるし、周辺の地権者への影響も大きい。
他方で、ゴミの最終処分場も必要であることは事実ではある。

両者を両立させるためにはどうしたらよいのか???
その答えは、私は持ち合わせてはいない。
ただ今可能なことのひとつに、リサイクルを社会として進めていくということは考えられる。そこには限界はあるが。

もっとも、我々は、受託した業務を淡々とこなしていく他ないのだが。

|

« 成年後見制度 | トップページ | 介護タクシー(再び) »

許認可」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 産業廃棄物処理業:

« 成年後見制度 | トップページ | 介護タクシー(再び) »